2004年12月18日

一時的避難についての最良の解決法について

何か家にいると疲れる。家族と同居なのだが、家には自分独りだというのに。やはりこの環境が私にはあっていない。引越しして独立して独り静かに冷静に考える必要があると思う。部屋は掃除をサボっているのもよくない。いま熱っぽいのもよくない。問題から身を一時的に離して(否定的に見れば、問題から逃げているという見方も出来るが)別の場所に数日身を置きたい。ひきこもり型ニートはこんなときどう対処するのが最良の解決方法なのか?疲れているし熱っぽいし、微妙に額が冷えるのか頭痛がするのか分からないが、額が気になって手のひらを当てたくなる。いま一番微妙に気になっている自分の身体の一部分は『ひたい』だ。思春期の頃の体に対する劣等感を連想させられた。
posted by neetblog at 10:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。