2004年12月21日

ニートは暇だけど辛くない訳では決してない

ニートでもやっていくしかないと思う。ニート以外の選択が私には現在困難な作業に思えているので、職業以外のことを考えたい。

私はニートということで非難を受けても構わないが、それを内に向けて考えるのはやめたい。そもそもニートとはイギリスの考え方で、非難される要素は少しもない。ニートという言葉を日本の社会状況に当てはめてみた、その蛮行によって微妙なズレが生じて、日本人で(村社会で)ニートなのはおかしいのではないか?単なるなまけだ、とニートを非難する側の意見は、裏に隠された意味ではそういうことなのだろう。

誰とも話さない生活を毎日送っているので、私の話し相手の罠にはまってくれそうなのはブログくらいしかいない。寂しすぎ。この記事に対してコメントが欲しい、というかまってください発言ではないです。できればもっと放置されたい。非難の意見も耳に届かない場所までこのブログは到達したい。
posted by neetblog at 13:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。