2005年01月05日

イギリス紳士なシャーマンタイプNEET

眠いから外でたくない→ニート。寒いからそれに服も持ってない→ニート。こんな感じかもしれないね。でも人生に参加することへの諦めはあっても落ち着いた考え方は忘れたくない。これを失えばヤヴァイかもしれないし、もしかしたら今の私に足りないのはなりふりかまわない、状況に収集がつかない状態に陥ろうともとりあえず何かと関係を結ぶことこそが必要だろうか?何かに掛けに出るとしても、死ぬ気でがんばるという言葉は禁句な気がする。人格が壊れるのを避けるために、私は自分を呪う様に『自分は落ち着いた大人だ』と繰り返し繰り返しシャーマンのように唱え続けるしかない。ひきこもりニートの状態にいま自分が嵌っているとしても、自分は紳士だとイギリス人のように思い込むことにしよう。最後は蛇足かもしれないがイギリス人に私はそんなイメージがあるので。
posted by neetblog at 02:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。