2005年01月20日

運が良い時の微細なサインについて

ここのところ塞ぎ込みがちかもしれない。公園にでも行ってぼーっとする時間と心の余裕が欲しいのだが、外へ出るのが面倒だ。誰とも会話しない生活なので寂しくて仕方がないがネット上でなく現実に人間が存在をしているのを目視で確認すると寂しさが大半はまぎれるだろうとは想うが、外に出たい気持ちが起こらない。

もっと資産に余裕があればと思う。それが心の余裕に繋がる。お金も職もないから人権がないような気分になる。そんな発言をしてしまうと言葉に呪われている気持ちにもなる。何か勉強すべきだがその資金もない。

なんとかなる。その内なんとかなる。良い運の波に上手く乗れさえすれば。こんな生活でも運が良い時もある。それは知っている。あとはそのサインを逃さず上手く波に乗ることだ。
posted by neetblog at 20:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。