2005年01月21日

幽霊と同等の存在

寂しいけど、寂しさにまみれようと思う。それしか選択肢がないような気がしている。なにもかも選択したくないというよりもうどんどん選択肢が減る一方だと思う。

人生の目的がないので時間にルーズだし普通にルーザーだし。ルーザーでも悪いものでもなく、飾り気がなくて良いものかもしれない。負けている僻み意識が醜いだけで。負けているのはそんなに悪いことじゃない。負けている気持ちを埋める豊かさがあれば。

ブログを書くのを止めて人生に集中すべきかもしれないが、ブログも人生だし、リアルライフも人生だし、どちらも同等のものだと思う。

他人に認められないと私の人生は無価値だと思う。まだ評価されていない何者でもない人物といったところだが、何者でもないのもそれなりに面白いかもしれない。こうしてブログを書かなければ生きているのか死んでいるのか分からない人間だし、そう自己評価している。それは寂しいが、こんな馬鹿な私の行く末をこれからもネット上のこの日記に記していくつもりだ。
posted by neetblog at 16:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。