2005年01月21日

幽霊と同等の存在

寂しいけど、寂しさにまみれようと思う。それしか選択肢がないような気がしている。なにもかも選択したくないというよりもうどんどん選択肢が減る一方だと思う。

人生の目的がないので時間にルーズだし普通にルーザーだし。ルーザーでも悪いものでもなく、飾り気がなくて良いものかもしれない。負けている僻み意識が醜いだけで。負けているのはそんなに悪いことじゃない。負けている気持ちを埋める豊かさがあれば。

ブログを書くのを止めて人生に集中すべきかもしれないが、ブログも人生だし、リアルライフも人生だし、どちらも同等のものだと思う。

他人に認められないと私の人生は無価値だと思う。まだ評価されていない何者でもない人物といったところだが、何者でもないのもそれなりに面白いかもしれない。こうしてブログを書かなければ生きているのか死んでいるのか分からない人間だし、そう自己評価している。それは寂しいが、こんな馬鹿な私の行く末をこれからもネット上のこの日記に記していくつもりだ。
posted by neetblog at 16:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月20日

運が良い時の微細なサインについて

ここのところ塞ぎ込みがちかもしれない。公園にでも行ってぼーっとする時間と心の余裕が欲しいのだが、外へ出るのが面倒だ。誰とも会話しない生活なので寂しくて仕方がないがネット上でなく現実に人間が存在をしているのを目視で確認すると寂しさが大半はまぎれるだろうとは想うが、外に出たい気持ちが起こらない。

もっと資産に余裕があればと思う。それが心の余裕に繋がる。お金も職もないから人権がないような気分になる。そんな発言をしてしまうと言葉に呪われている気持ちにもなる。何か勉強すべきだがその資金もない。

なんとかなる。その内なんとかなる。良い運の波に上手く乗れさえすれば。こんな生活でも運が良い時もある。それは知っている。あとはそのサインを逃さず上手く波に乗ることだ。
posted by neetblog at 20:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月11日

私の役割はどこに?

たいしたことを書ける人物ではない私に書けることはあるのかどうか自信がなくなってきた。どんな話題を持ち込めば適当なのかわからない。ただただ暇を潰す毎日。インターネットが自由に利用できる環境のため、暇つぶしは退屈なんかではなく、外に出るよりも楽しいし、お金も使わないで済む、大変に情報量の多い暇が毎日凌げる。楽しいので一生こうしていたい。

でもリアルで人と話すチャンスがないのは良くないことだと思う。それ以前にお金がないので非常に辛い。仕事は一時問題を回避していて、ニートと呼ばれても、なんらかの役割が欲しい。仕事も演劇的な社会的経済的役割を与えられて能力を発揮する場だと思う。

私にも今現在何らかの役割が欲しい。ニートでいながらにして。
posted by neetblog at 14:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月06日

収入と仲間や友人について

給料は仕事の対価というより組織に所属して役割を演じ、会社の拘束時間内は決められたルールに従って行動したり、サボったりすることで得られる対価で学校も会社もその点では変わりない。学校は対価と言うより教育だが学校を卒業すると教育は物凄く費用の掛かるものだと分かるので教育もお金も同等に価値が高いものだ。学校と会社とが違うところも多々ある。会社等で働くみんながお金を持った経済的に自立した人間で組織に所属しながらも一方で自由な大人である、ということ。私も自由と経済的自立が欲しい。その実現のためになら恥を掻いても構わないし、恥を捨てることで収入を頂けるのだったら積極的に恥じを掻きたい。今後一生、他人や異性との係わり合いがなくても、ひきこもり生活でも構わないので、健康であることと収入はなにがなんでも欲しいし私が人間として存在するためにアイデンティティーとして必要だ。

でも他人と積極的に係わりを持ち友達関係を結びたいとも希求する。それには分かりやすい理由もある。一日中眠くて何もやる気がしないから。私と同じ社会的ひきこもりの他人でいいのでロールモデルが欲しい。私は全知全能ではないので、知らないことや常識に欠けることも多い。が同じ社会的ひきこもりでも私には気遅れして出来なくて、同じ境遇だと思われる他人がためらいなく行動に出られる場面も多々ある気がする。他人に学べることは多い。それも教育と呼べるものだ。
posted by neetblog at 14:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月05日

イギリス紳士なシャーマンタイプNEET

眠いから外でたくない→ニート。寒いからそれに服も持ってない→ニート。こんな感じかもしれないね。でも人生に参加することへの諦めはあっても落ち着いた考え方は忘れたくない。これを失えばヤヴァイかもしれないし、もしかしたら今の私に足りないのはなりふりかまわない、状況に収集がつかない状態に陥ろうともとりあえず何かと関係を結ぶことこそが必要だろうか?何かに掛けに出るとしても、死ぬ気でがんばるという言葉は禁句な気がする。人格が壊れるのを避けるために、私は自分を呪う様に『自分は落ち着いた大人だ』と繰り返し繰り返しシャーマンのように唱え続けるしかない。ひきこもりニートの状態にいま自分が嵌っているとしても、自分は紳士だとイギリス人のように思い込むことにしよう。最後は蛇足かもしれないがイギリス人に私はそんなイメージがあるので。
posted by neetblog at 02:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月03日

眠いニート下着も買えず夢うつつにうつつを抜かす趣味を書き綴る眠たさ

ブログ収入で生活できればひきこもりニート&ネット依存症でも生きていけるのに。なんか眠い。年末年始とかいうやつが私の気分を落ち込ませる。眠い。なんか勉強したいけど、勉強ってお金が掛かります。ジャズシンガーとか憧れる。歌ったり楽器を弾いたり、全身を使って運動できて、なおかつ自己表現できたら最高の職業なんだが。

ニートなんです。でも貧乏なので破れた下着やゴムが伸びきったトランクスを大事に長年愛用してます。

お金が無くてもある程度は暮らしていけるが、それにはまず私個人の住居の確保も絶対条件だろう。食べ物は魚を釣ったりで確保できそう。毎日主食は魚になりそうだが。

友達とか恋人とか欲しい。仕事も欲しい。頭も良くなりたい。

環境の変化がないとニート生活からは今後抜け出せそうな勢いではない。眠いし。超脳みそが疲弊しているし、誰か私を愛してください。でも愛されなくても良いんだけど、愛したい。そうしないとどんどん無気力になりそう。眠いのに快眠できないし。
posted by neetblog at 20:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月27日

外出するコスト

だいぶ眠気が取れたが、睡眠が上手く取れない。睡眠が上手く行けば他も上手く運に乗れそうな気もする。毎日午前中は頭が働かない。

やっと目が覚めてきた。PCの前から動かない生活が毎日続いています。パソコンを使ってお金が稼げれば、今後の不安も消えるのだが。将来に不安があるがもう閉塞感を感じている。前向きになれない。前向きな行動を起こすにもコストがかかる。外に出れば無駄な出費をしてしまうので、外に出たくないのが大きい。長期間のひきこもりで、外出しない前向きな理由も見つかったので、外に出なくてもいいととりあえずは自分を安心させることができている。外へ出る時に着る温かい服も持っていない。買うにはお金が掛かる。

私は出来ることしか出来ない。いま必要なのはこのブログを充実させることを当面の私の生きがいとして、楽しく真剣に脳を使うゲームに興じることだ。脳も毎日フル回転させないと、健康に悪い。
posted by neetblog at 12:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月24日

宿題のように山積み

なんかやる気が沸いてこないし、前向きな気持ちも沸いてこない。少しでもお金が稼げればもっとひきこもっていられるのにと思う。静かな場所に引越しして、自分を見つめなおし、もう一度挑戦したいという気持ちになるまで、独り本でも読んですごしたいのだが、それさえも贅沢な望みだ。何もしていないneetだと言うのになにかと忙しい。何の行動も起こさないのだから、忙しくはないが、片付けた方が生きるのが楽になりそうな雑事が宿題のように山積みになっている。人は動かなければ生活できない。いまさらながらそれを思い知らされる。
posted by neetblog at 14:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月21日

ニートは暇だけど辛くない訳では決してない

ニートでもやっていくしかないと思う。ニート以外の選択が私には現在困難な作業に思えているので、職業以外のことを考えたい。

私はニートということで非難を受けても構わないが、それを内に向けて考えるのはやめたい。そもそもニートとはイギリスの考え方で、非難される要素は少しもない。ニートという言葉を日本の社会状況に当てはめてみた、その蛮行によって微妙なズレが生じて、日本人で(村社会で)ニートなのはおかしいのではないか?単なるなまけだ、とニートを非難する側の意見は、裏に隠された意味ではそういうことなのだろう。

誰とも話さない生活を毎日送っているので、私の話し相手の罠にはまってくれそうなのはブログくらいしかいない。寂しすぎ。この記事に対してコメントが欲しい、というかまってください発言ではないです。できればもっと放置されたい。非難の意見も耳に届かない場所までこのブログは到達したい。
posted by neetblog at 13:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

一時的避難についての最良の解決法について

何か家にいると疲れる。家族と同居なのだが、家には自分独りだというのに。やはりこの環境が私にはあっていない。引越しして独立して独り静かに冷静に考える必要があると思う。部屋は掃除をサボっているのもよくない。いま熱っぽいのもよくない。問題から身を一時的に離して(否定的に見れば、問題から逃げているという見方も出来るが)別の場所に数日身を置きたい。ひきこもり型ニートはこんなときどう対処するのが最良の解決方法なのか?疲れているし熱っぽいし、微妙に額が冷えるのか頭痛がするのか分からないが、額が気になって手のひらを当てたくなる。いま一番微妙に気になっている自分の身体の一部分は『ひたい』だ。思春期の頃の体に対する劣等感を連想させられた。
posted by neetblog at 10:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月17日

勤労の義務について

何か一つでも上手く行けば救われる。停滞して堕落したひきこもり生活での祈りのようなもの。そして友達か仲間か恋人が欲しい。人と繋がりを持つことが社会性の第一歩、初歩な気がする。アルバイトなどする気になれば社会性は一気にそこのみで得られるのだが、今一歩決心がつかない。今の私の考えはお金が欲しいという目的だけでは働く理由にはならず、稼いだお金をどう有効に使うかに興味が移っている。無収入な人間が偉そうなことはいえないが、プライベートが充実しているから仕事は仕事で頑張れる、ということがあるだろう。勤労の義務で働いているという第一目的では、自分の置かれている立場をよく観察していない乱暴で投げやりな論理な印象を受ける。私の両親の世代ではそうだったのかもしれない。
posted by neetblog at 10:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月15日

思考の純粋性について

1日中家に篭っている日が続くと思考の純粋性について考える。私は自分が一番頭が良く周りの人間は馬鹿だとは思ってはいないはずなんだけど、そんな考えの両親に育てられたので、卑屈に考えになってしまい、ひきこもるようになってしまった。確かに私も自分は一番頭が良い、『自分以外はみんな馬鹿』だと思っていた時期もあったが、それは自分の内面へ向けた言葉であり、対外的には卑屈だった。両親もそんな性格だったのかもしれない。ネット上では『ニートは駄目だ。ひきこもりは駄目だ。私や俺は頭が良いから良く考えているからそう断言できる。』という意見を多く見かける。こういった考えを持っている方はそれなりに器用に世間を渡っていけると思うが、そういった柔軟性のない固い考え方ではいつ磨耗したり折れてしまったり金属疲労に似たものが鬱積してしまい、次の世代で無気力にさせられてしまう影響が出てしまう。少なくとも私はそんな先祖代々の負の遺産を引き継いだ世代だと思う。無理をするとどこかに歪みが出る。子供を作らないと決めた人は『俺(私)って頭良い』で構わないと思うのだが、そういった考えだと他人を認めることができず、自分の子供も認めることができない。それでもしっかりした大人に育つ人物も多いことは多い。が歪みにはまり自立ができにくい人物も多くでてくる。その両者の違いは良い友達や恋人など、信頼できる関係を他者と結べたどうかの差だと思う。愛したいし、愛されたいと思うのだが、自分の考えもしっかりと揺ぎ無い物を確立もしたい。今日は結論まで考えを深められなく中途半端かもしれませんが、また明日以降も自分なりにニートやひきこもりについて考えたいと思います。もう一つ書き忘れがあるとしたら、イギリスで考えられたNEETという概念についてはイギリスと日本の社会構造の違いも大きいのだが、イギリスではニートに対する社会保障も日本とは違い充実しているということ。イギリスと日本は似た社会的局面は向かえているのだろうが、国の成り立ちや経済活動の種類はまったくことなった異質の国でなんの共通点もないのかもしれない。
posted by neetblog at 22:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月14日

ファッションセンスとアクセス数

何を書いたらいいのか分からないけど、リラックスして書いていこうかと思っている。このような優柔不断な態度で良いのか分からないし、自信が持てないが、続けることに意味があるような気がしている。毎日無駄に時間を過しているし、時間を無駄にしているのだけど、それが悪とは言い切れない。時間の無駄をやっている人はたくさんいる。私もその一員だ。でも無駄がない人には複雑な感情を持ってしまう(コンプレックス)。洗練されたファッションセンスの人など。その人が身にまとっている衣服やアクセサリーのこともあるが、ブログから受ける印象や文章のレベルの高さと多くの読み手を持っているか(アクセス数)などもその人物の洗練と無関係じゃないと思う。私はまだ始めたばかりでそんな心配はまだ早いかもしれないけれど。何を記述したら良いのだろうかと思う。私の一日の行動や私の過去、こまごまとした生活のことなどはあまり書きたくない。秘密という訳でもないが、このブログは私にとって初対面なので、まず馴染むことから始めようと思う。ニートだし、それ以前にひきこもりだけど、私を一人の人間として見て欲しい。人と話す機会がまったくない生活なので、ここで誰かに語る形式で書き綴ろうと思っている。かまって欲しい訳でも助けを求めている訳でもないので、そこは誤解されたくない。話相手が欲しいしとは思う。がコメントをやり取りするとなるとまた大変な作業だし、私の時間も取られる。そう書いてしまうのも威圧しているようで私の駄目人間な所かもしれない。当面の私がこのブログを運営していく方針は、まとめると、目的もなくだらだら書き綴りながらもアクセス数も読者も増やしたい(私のセンスを数によって確認したい)ということ、だろうか。
posted by neetblog at 17:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月13日

今日からブログを始めてみます。

今日からブログを始めてみます。現在無職、アルバイトもしてない駄目人間です。駄目人間でも卑屈になったり誇りに思ったり世の中や世間を恨まないでなんとかだらだらやっていこうと思う。私(私は男性です)に説教したい方もいるかもしれませんが、私は開き直りタイプではなく挫折を強く意識しているタイプのニート(neet)なんで温かく見守ってください。褒められたりけなされたりが苦手なので普通に接してくださると嬉しい。ニートというよりひきこもり傾向が強くほとんど外出していないです。できれば外へ出ずに済めば最高だと思っている日本人です。これは余計な一言かもしれませんが、日本は不思議な国ですね。資本主義というより社会主義の傾向が強いように思います。そのギャップの狭間に立たされたために、ニートになってしまったのかもしれません。気楽にこんな雑記を続けて行けたら私的に満足だと思います。退屈していますがもう何年かはひきこもりニートでもかまわないと思ってます。
posted by neetblog at 12:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。